介護からエンゼルケアまで|株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス

menu

ショートステイ

このページを印刷する

ご利用されるお客様、ご家族様、地域の皆様に笑顔と安心をお届けします

イメージ画像

ショートステイとは?

食事、排泄、更衣、入浴、整容、移動、歩行などの日常生活動作が低下しないよう、ケアサービス独自の機能向上プログラムをご用意しております。残存機能を生かした自立支援や集団体操などを行っております。

ケアサービスのショートステイ

アイコン:全室完全個室

全室完全個室

お一人おひとりのプライバシーを尊重し快適にお過ごしいただけます。

アイコン:安心の介護サービス

安心の介護サービス

ご利用者に合わせた日常生活を24時間サポートいたします。

アイコン:自立支援の強化

自立支援の強化

自立支援を積極的に推進しており、個別のご要望に合わせた取り組みを行います。

アイコン:プロ講師による教室活動

プロ講師による教室活動

プロの講師をお呼びして、やりがいのある本格的な教室活動を実施いたします。

  • 料金サンプル
  • ご利用の流れ
  • 利用者の声

ショートステイご利用時には、介護保険が適用されるサービス(介護度によって料金が設定されています)と、介護保険対象外のサービスを合わせた費用がかかります。

ご利用例

遠方の親戚の結婚式に夫婦揃って出席することになったため、母を1泊2日で預けたい。

  • 介護度は要介護3
  • 食事は通常食を希望
  • 施設までの往復の送迎を希望
  • 利用時間帯:土曜日11時(昼食前)にお迎え~日曜日15時30分にお送り
  • 滞在中は施設でのレクリエーションに参加
  • 介護保険利用者負担金は1割

介護保険が適用されるサービスと負担金

  • 利用料 ¥8,380(1日)×2日 = ¥16,760
  • 送迎 ¥2,042(片道) ×2 = ¥4,084

合計 ¥20,844

→ 1割負担の金額 ¥2,084

介護保険が適用されないサービスと料金

  • 滞在費 ¥5,500(1日)×2日=¥11,000
  • 食費 ¥2,850(朝食¥600×1回+昼食¥650×2回+夕食¥750×1回+おやつ¥100×2回)
  • 実費 ¥800(1日)×2日=¥1,600(※レクリエーションの材料費、おむつ等日常生活品の費用)

合計 ¥15,450

1泊2日滞在にかかる費用の合計  ¥17,534

指定短期入所生活介護

利用料
(1日当たり)
要介護度 料金 所定単位数
要介護1 6,882円 620単位
要介護2 7,625円 687単位
要介護3 8,380円 755単位
要介護4 9,124円 822単位
要介護5 9,845円 887単位
送迎加算(片道) 2,042円 184単位
療養食加算(1日当たり) 255円 23単位
若年性認知症利用者受入加算 1,332円 120単位
介護職員処遇改善加算Ⅰ (一月の介護報酬総単位数×短期入所生活介護介護職員処遇改善加算率(5.9%)
(一単位未満の端数は四捨五入))×11.10(1級地加算)
利用者負担金 法定代理受領の場合は、上記の金額の1割(ただし、利用者負担金の減免、公費負担がある場合などは、その負担率による)

※ 介護職員処遇改善加算Ⅰは、お客様ごとの区分支給限度基準額の算定から除外します。

※ 実際に月ごとの利用者負担金合計額を算出する際には、厚生労働大臣が定める基準に基づき端数処理等を行うため、利用料を基準とした単純な合計金額とは数円の誤差が生じる場合があります。

介護保険給付対象外のサービス利用料

滞在費(1日当たり) 5,500円
朝食代 通常食・糖尿病食 600円
腎臓食・やわらか食 700円
昼食代 腎臓食 650円
腎臓食 800円
夕食代 通常食・糖尿病食 750円
腎臓食・やわらか食 850円
おやつ代 100円
その他費用(身の回り費用)※1 実費
その他費用(材料費)※2 実費
おむつ代 実費
通常の実施地域を越える交通費 事業所から通常の実施地域を越えて1km以上につき30円

※1 利用者の希望によって、身の回り品として日常生活に必要なものを事業者が提供する場合に係る費用

※2 利用者の希望によって、教養娯楽として日常生活に必要なものを事業者が提供する場合に係る費用

アイコン:お問い合わせ

STEP1

まずは、ショートステイの利用につきまして、電話(03-5480-5561)かお問い合せフォームにてお知らせください。ご希望などをお伺いいたします。

アイコン:見学

STEP2

ご本人様、ご家族様に、ショートステイの施設へお越しいただき、実際にスタッフの様子を見ていただき、施設の雰囲気などを体験していただきます。

アイコン:申請書提出

STEP3

介護保険を利用するには、要介護認定の申請が必要になります。市区町村の介護保険課窓口に書類提出が必要ですが、当社は居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)がございますので、ご本人様やご家族様に代行して申請いたします。

料金などは一切かからず、すべて無料で申請を代行いたします。

アイコン:決定

STEP4

主治医の意見書の提出や訪問調査の結果、市区町村に設置される介護認定審査会で要介護認定につき判定され、要介護度が決定されます。

アイコン:ケアプラン作成

STEP5

当社ケアマネジャーに、「どんな介護サービスを受けるか」「どの事業所を利用するか」などご相談いただき、ケアプラン(サービス計画書)を作成し、介護サービス利用の手続きを行います。

アイコン:利用開始

STEP6

ご利用いただきますショートステイサービスにつきまして契約内容を詳しくご説明いたします。契約締結し、ご利用が始まります。

顔アイコン

50代男性

顔アイコン

50代女性

顔アイコン

50代女性

関連項目

ページの先頭へ

ページの先頭へpage top