介護からエンゼルケアまで|株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス

menu

  • ホーム
  • 創立50周年のご挨拶

創立50周年のご挨拶

このページを印刷する

株式会社ケアサービスは、2020年10月5日に創立50周年を迎えました。

当社グループが今日まで継続することができましたのは、お客様や株主様、お取引先様を始めとする関係各位の皆様からのご指導、ご支援と、この50年間の中で、幾多の困難への挑戦と期待に応え続けたケアサービスグループの諸先輩方ならびに従業員の皆様のご尽力の賜物によるものであり、ここにあらためて深く感謝申し上げます。

1970年(昭和45年)、寝たきり高齢者の方々に対する布団やマットレスの消毒乾燥を営む前身であるサンセルフ福原を創業以降、経済の発展とともに少子高齢化が進行する日本の現代社会において、ケアサービスは高齢者とそのご家族の皆様に対して、サービスを提供してまいりました。2000年の介護保険法施行よりはるか前の1983年に訪問入浴サービスを開始し、東京23区を中心とした都市部での在宅介護事業を展開してまいりました。また、1990年には、「天国に旅立つ瞬間までが私たちケアサービスが提供する介護である」との想いの下、お亡くなりになられた方のお身体を清め、ご家族様とともに旅立ちのお手伝いを行うエンゼルケア(湯灌)事業を開始いたしました。

ケアサービスグループの企業理念は、「私たちは、お客様一人ひとりの尊厳に共感したサービスを提供します」「私たちは、全従業員とその家族の幸せを追求します」です。介護もエンゼルケアも、お客様と従業員との人間同士の心が織りなすサービスです。介護であれば、私たちの心遣いがあったということすら気づかないほど自然でここちよい時間を、エンゼルケアであれば、人生の尊厳と家族の絆が再確認できる感動的な空間を、すべてのお客様に提供していくために、従業員全員が想いとともに最善のサービス品質を追求してまいります。

新しい時代への移り変わりには、技術、IOTの進化だけではなく、人材育成や環境問題、安全・安心など、ケアサービスが社会と地域の皆様に必要とされる存在であり続けるためにも、多くの変化と社会的課題に対応しなければなりません。

この創立50周年を、次の50年に向けて、力強く成長していくための出発点として位置づけ、新たな挑戦に向けて全力で駆け抜けてまいります。

当社を支えていただいた全ての皆様への感謝の意を表するとともに、今後とも一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社ケアサービス
代表取締役会長 福原敏雄
代表取締役社長 福原俊晴

関連項目

ページの先頭へ

ページの先頭へpage top