介護からエンゼルケアまで|株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス

menu

看護師

このページを印刷する

写真:Takahashi Nagisa

Takahashi Nagisa

看護師

入社までの経歴

看護学生時代に特別養護老人ホームにてアルバイトを経験

2011年4月:新卒で急性期病院へ入社、整形外科・皮膚科にて看護師として勤務

2015年5月:定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所にて訪問看護師として勤務

2016年6月:ケアサービスへ入社、デイサービスセンター堀切で看護師として勤務

インタビュー

現在の仕事内容と役割を教えてください。

 主な役割は、お客様の健康を管理することと、その環境を日々整備することです。
 健康管理は、体温や血圧などのバイタルサインを測るだけではなく、表情や歩き方などの外見から、お客様の健康に異常がないかを常に意識して確認します。入浴される方の場合は、入浴が可能かどうかの判断を行います。入浴後の処置、食間・食事前後の服薬介助を行うほか、スタッフと打ち合わせを行いお客様にあった機能訓練のメニューを考えたり、連絡帳への記入や、電話でご家族様とコミュニケーションを図ることもあります。
 また、手洗いやマスクの励行など、健康を保つための環境整備も日々行っています。

写真:Takahashi Nagisa

1日のスケジュールを教えてください。

09:00

出勤 → 申し送り事項の確認
スタッフからの申し送りの確認と、本日入浴するお客様の確認をし、入浴手順の打ち合わせをスタッフと行います。お客様の来所に備えて、業務の準備をします。

09:30

お客様の受け入れ開始
来所されたお客様から順番に、コミュニケーションを取りながらバイタルチェックを行います。また、歩行や皮膚の状態など、外見からの健康状態も確認して、入浴をされる方は入浴が可能か判断します。

11:00

朝の会開始
バイタルチェック等の状態確認が続きます。状態確認終了後、連絡帳を確認し、食間・食事前後の服薬確認をします。入浴が終わったお客様の状態確認を始めていきます。

12:00

昼食
ご自身でお食事が困難な方へのお食事の介助や、入浴が終わったお客様の状態確認と服薬介助も行います。

13:30

休憩(13:30~14:30)
休憩は1時間しっかりとってリフレッシュします。

14:30

レクリエーション
お客様の状態を連絡帳へ記入します。また、1日の様子で報告するべきことがあった方については、記録を残します。

15:30

帰りの会
お客様ごとに個別でスタッフが機能訓練を行っているので、必要な時に補助を行います。空いた時間を見ながら、連絡帳へ記録します。報告すべきことがあった方についての記録を残したり、お客様とコミュニケーションをとります。

17:30

翌日の準備
フロアリーダー、生活相談員との申し送り、翌日いらっしゃるお客様の確認を行い、準備をします。

18:00

業務終了
翌日の内容などを確認し、帰宅。

前職の仕事内容を教えてください。

 急性期病院へ新卒で入社して看護師の仕事をしていましたが、在宅看護に興味があり、訪問看護事業所へ転職しました。転職先は定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所で、月額定額のため訪問回数に制限がなかったので、自転車を使って1日5件~6件のお客様を訪問していました。
 1日3回訪問しなければならないお客様もいらっしゃって、仕事量も多く、非常に大変なものがありましたが、この時期に勉強した経験は、いまのデイサービスでの仕事に一番活かされています。

当社に転職したきっかけを教えてください。

 デイサービスで働きたいと思っていた頃、前職の仲間やお客様たちが、ケアサービスを「成長中の会社」「他のデイよりも良い」「お客様応対が非常に良い」「休みがしっかりとれる」と非常に高く評価していたので、気になっていました。
 さらに、私もケアサービスの看護師さんと一緒にお仕事したことがあり、聞いていたのと同じように「しっかりした会社なんだ」という印象を受けました。しっかりした会社なら子供を産んでも続けられそうだと思い、ケアサービスに入社しました。
 その時、お給料も他の会社よりも高かったことも応募のきっかけになりました。もう1年経ちますが、休みもしっかり取れますので、入社してよかったと思います。

入社前と入社後のギャップはありましたか?

 前職で併設されていたデイサービスでは、介護度の低い方が多かったのですが、ケアサービスで働いてみて、在宅生活をしている方でも介護度の高い方が多くなってきているんだなと、これまでとイメージが変わりました。
 「病院から在宅へ」という国の流れもありますが、私のいるデイサービスセンター堀切は、リフト浴という入浴ができる設備もあるため、ほかのデイサービスと比べると介護度の高い方が多く、時代の流れを現場で感じることができました。デイサービスで看護師としてやることは、たくさんあるんだなと思いました。

写真:Takahashi Nagisa

この仕事のやりがいを教えてください。

 看護師は楽しいですよ!業務が幅広いので、忙しいし、とても大変ですが、お客様が私の名前を覚えてくださったり、体調の悩みや不安を相談してくださったり、ご家族が直接私に相談したいとおっしゃってくださることもあります。頼られているというとおこがましいですが、そういうところが嬉しく思いますし、やりがいを感じます。
 また、お客様の状態確認のみを行う裏方としての看護師の仕事だけではなく、介護スタッフの方々や生活相談員の方と一緒に、お互いの意見を出して協力して仕事ができることも、とてもやりがいになっています。

いままでの経験が活かせていると思うことを教えてください。

 訪問看護の時に、勉強した知識と経験が非常に役に立っています。緊急対応や、薬、病気についての知識などをもとに、お客様やご家族とコミュニケーションが図れています。
 また、整形外科の病棟に勤めていたときのリハビリの経験や知識があるので、デイサービスでも機能訓練の指導に活かせていると思います。

今後の目標を教えてください。

 他の看護師さんたちと比べると、私はまだまだ経験が浅いので、もっと知識と経験を積んで、お客様にもっともっと頼りにされて、看護師としての自分を高めていきたいなと思います。
 分からないことはすぐに調べて解決するようにはしていますが、もっと勉強が必要だと感じています。今後の国の方針からも、高齢者の生活の場は、病院ではなくて在宅だと思っているので、私自身さらに在宅領域を極めていきたいと思います。

写真:Takahashi Nagisa

応募者へのメッセージをお願いします。

 今後高齢者を取り巻く市場は、「病院から在宅へ」の流れになっていきますので、デイサービスセンターでの看護師の役割は重要になってきます。そのような中、看護師に必要な勉強は、病院でなければできないということはありません。当社は隔月でナースミーティングを行っていますので、そこでも勉強できます。事例検討や意見交換もでき、デイサービスの看護師同士のコミュニケーションの場でもあります。
 デイサービスセンターでは、勤務時はセンター内に看護師が自分一人という状況ですが、事業所をドミナント展開しているので、近隣の事業所がとても近く、困ったときに近隣の看護師に相談することができる横の繋がりがあります。一緒に勉強して看護師のスキルを高めて、盛り上げていきましょう!

デイサービスセンター看護師募集事業所一覧デイサービスセンターの看護師の募集事業所はこちら

関連項目

ページの先頭へ

ページの先頭へpage top