介護からエンゼルケアまで|株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス

menu

デイサービスセンター所長

このページを印刷する

写真:Kamio Tohru

Kamio Tohru

デイサービスセンター所長

入社してからの経歴

2008年8月:デイサービスセンター下井草の所長として勤務

2008年11月:デイサービスセンター霧が丘の所長として勤務

2010年2月:デイサービスセンター東十条の所長として勤務

2010年10月:デイサービスセンター駒沢の所長として勤務

2012年4月:デイサービスセンター西六郷の所長として勤務

2014年5月:デイサービスセンター大岡山の所長として勤務

2015年4月:ユニットリーダーを兼務

インタビュー

現在の仕事内容と役割を教えてください。

 簡単にいうと、デイサービスセンターの目標、計画を達成させることが所長の役割ですね。計画を達成するための方針を自身で打ち出し、スタッフ全員と必要な施策を考え、具体的な形に変えていくマネジメントを行っています。
 所長としてのセンター内での具体的な仕事内容は、スタッフ業務の補助、集客確認、勤怠管理、営業ツールの作成、スタッフの教育・育成などです。また、ケアマネジャーからの紹介などの情報をいただくために、営業活動も欠かせません。
 私自身は、現在、6事業所を管轄するユニットリーダーでもありますので、責任は大きいですが非常にやりがいがあります。

写真:Kamio Tohru

1日のスケジュールを教えてください。

08:00

出勤 → 当日の予定の確認

08:30

朝礼を実施

08:35

送迎開始

11:00

送迎完了 → お客様対応

13:00

昼休憩

14:00

居宅支援事業所へ営業

16:00

事業所へ戻る → 送迎開始

18:00

送迎完了 → 当日と翌日の数値確認

18:30

退社

前職の仕事内容を教えてください。

 前職は全くの異業種で、呉服屋で25年間、着物の販売に関わる仕事をしていました。
販売員から始まり店長を経験し、管理部門やエリアマネージャーなど、幅広く経験させていただきました。着物は、ご年配の方の需要が多く、接する機会が多いこともあり、その頃からご年配の方と話すことが好きでした。

当社に転職したきっかけを教えてください。

 私が転職を考え始めたころ、呉服業界は着物離れが加速し、年々着物を着る方が少なくなり、頭打ち状態でした。しかし介護業界は真逆で、今後の少子高齢化の流れもあり、非常に大きく拡大していくマーケットでありましたので、魅力を感じました。さらに、これまで呉服業界で培ったマネジメント経験や、ご年配の方とのコミュニケーション力を活かすことができると感じました。
 他業界から数社内定が出ていましたが、最終的に私がケアサービスを選んだ理由は、「人を大切にする」という考え方が好きだったからです。

入社前と入社後のギャップはありましたか?

 デイサービスの運営において、日々の営業活動がこれほど重要だとは思ってもみませんでした。入社当時は、介護保険のシステムをあまり理解していなかったこともあって、デイサービスは誰でも利用できて自然とお客様が足を運んでくれるものだと思っていましたが、そうではなかったことにギャップを感じました。
 一方で、形のないものを形にしていくといったクリエイティブな面も多くあります。例えば、レクリエーションなどの催し物は、お客様の状況に合わせてスタッフ全員で内容を考え、形あるものに変えていきます。その内容に興味を持っていただくため、資料にして営業活動にも使っていますので、デイサービスセンター内での取り組みを充実させること、それをケアマネジャーやお客様にお伝えして当センターを評価していただき、継続して利用していただくということが、輪になっているんですね。

写真:Kamio Tohru

この仕事のやりがいを教えてください。

 ご家族とケアマネジャーに信頼されて、新しいお客様が増えることにやりがいを感じますね!
 また、お客様から「楽しかった!」と喜んでいただいたときは、本当にこの仕事をしていて良かったなと思う瞬間です。私自身、スタッフが働きやすい環境をどのように作るかということに主眼をおいて業務をしておりますので、お客様に喜んでいただけることは、介護のプロフェッショナルとして日々頑張ってくれているスタッフの努力が実を結んでいるということでもありますので、二重の喜びがあります。
 一方で、さまざまなスタッフがいますので、日々のマネジメントの難しさはもちろんありますが、だからこそチームが一体となって成果を出せた時の喜びはひとしおです。

今後の目標を教えてください。

 提供するサービスの質をさらに上げていくためにも、人を育てることに力を入れていきたいですね。 また、現在ユニットリーダーでもありますので、担当しているエリアの所長を陰から支える存在になっていきたいです。

応募者へのメッセージをお願いします。

 介護業界の経験がなくても大丈夫です。なぜなら、あなたの今までの経験が必ず役に立つからです。
 2030年には、高齢化率が33%にもなるといわれており、社会的に介護事業の重要度は今後も上がっていき、マーケットも急速に拡大していきます。当社は、ご提供する介護をサービス業として提供いたしますので、話をすることが好き、お年寄りが好きなどの思いだけでも仕事が始められます。ぜひ、あなたの力を貸してください。当社でともに働きましょう!

デイサービスセンター所長候補募集事業所一覧デイサービスセンターの所長候補の募集事業所はこちら

関連項目

ページの先頭へ

ページの先頭へpage top