介護からエンゼルケアまで|株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス

menu

生活相談員

このページを印刷する

写真:阿部浩子さん

阿部浩子さん

Hiroko Abe

生活相談員

入社してからの経歴

2010年4月:デイサービスセンター仲町にヘルパーとして入社

2011年4月:同センターにて生活相談員に職種変更

2012年1月:デイサービスセンター要町に異動

2014年9月:デイサービスセンター蓮根に異動

インタビュー

現在の仕事内容と役割を教えてください。

 主な仕事内容はデイサービスセンターに関する相談を受ける、いわば窓口のような存在です。当センターを見学される方のご案内や、新しくご利用を始める方の契約業務を行い、介護計画を立てて書類の作成をすることも生活相談員の重要な役割のひとつです。
 相談員の仕事を進めていく中では、ヘルパーさんや看護師さんとの連携が非常に大切です。具体的には、お客様の変化などは接する時間が長いヘルパーさんに、体調のことは看護師さんに詳しく聞き、教えていただくようにしています。
 日々、スタッフからの報告や相談もありますので、それを踏まえてお客様のご様子をご家族様やケアマネジャー様に報告し、お客様が心地よく安全にお過ごしいただけるようにご提案をさせていただくこともあります。ご家族様やケアマネジャー様からご要望があった際は、その内容をスタッフに伝え、ご要望に沿えるようどうしていくかを話し合って決めています。毎日が充実していますので、あっという間に1日が終わってしまいますね。

写真:阿部浩子さん

1日のスケジュールを教えてください。

09:00

出勤 → 申し送り事項の確認

09:15

お客様の受け入れ開始
お客様へ手洗いとうがいのお声掛けを行い、お席にご案内する。お一人おひとりとご挨拶をする中で状態を確認する。

11:00

お客様の受け入れ完了、電話対応、書類作成等

12:00

休憩(12:00~13:00)
1時間しっかりリフレッシュします!

13:00

翌日の送迎表の確認

14:00

外出
担当者会議によりお客様宅へ訪問

15:30

事業所に戻る
担当者会議の内容をまとめる

16:00

お客様のお見送り

17:30

ヘルパーさん、看護師さんと申し送りを実施

18:00

業務を終え、帰宅

写真:阿部浩子さん

当社に入社したきっかけを教えてください。

 ケアサービスには大学を卒業し、新卒で入社しました。介護を仕事にしようと思ったのは、小学生の頃に体験した老人保健施設でのボランティアがきっかけでした。その後、学生の頃に介護実習でデイサービスに行かせていただく機会があり、デイサービスはご自宅で生活しながら機能訓練や入浴のサービスを受ける所ということを知りました。私も高齢者の方がお元気でご自宅での生活を続けられるようにお手伝いがしたいと思い、デイサービスセンターで働こうと目指しました。
 ケアサービスのことは最初にホームページで知りましたが、「感謝の気持ちを大切にする」という考え方に共感したことと、会社説明会にいらっしゃった先輩方が活き活きとお話する姿を見て、ぜひケアサービスで働きたいと入社を決めました。

入社前と入社後のギャップはありましたか?

 学生の頃に介護実習で行かせていただいたところは、社会福祉法人の施設でした。ご利用者の食事介助をさせていただいたり、一緒にレクリエーションに参加したりと、一日の活動内容は、今いるケアサービスとそれほど変わりありません。しかしケアサービスでは、「どうしたら多くのお客様に来ていただけるか」を考え、そのためのイベントを企画したり、「経費を抑えるために無駄なことはないか」を考え、さまざまな角度で見直したりします。一般法人が「利益」というものを考えて日々営業するのは当たり前なのですが、入社したケアサービスに「一人ひとりが経営者という自覚を持つ」という方針があり、そこで初めて利益を考えるという事を知りました。
 イベントを企画したり、無駄なことはないか見直したりすることが新鮮でしたし、スタッフ皆で目標を立て、達成した時は皆で喜びあえるということもこれまでにはありませんでした。工夫することや考えることが楽しくなって、それが日々のモチベーションにも繋がっています。
 介護の会社というと、非営利企業と思われるのですが、ケアサービスは「サービス業」と謳っているため、利用してくださる方を「利用者」ではなく「お客様」と呼んでいます。多くのお客様に満足したサービスを提供できるように日々スタッフの皆と協力して仕事をしています。

この仕事のやりがいを教えてください。

 大学生のころに資格を取得していたので、ゆくゆくは生活相談員をやってみたいと思っていました。デイサービスで働くようになってから、高齢者の方が在宅生活をしていく上で、デイサービス以外にもどのようなサービスを実際に利用しているのか知りたいと思い、チャンスをいただけたこともあって、入社1年目で相談員としてお客様と接するようになりました。
 生活相談員のやりがいや喜びは、デイサービスに通うようになってからお客様の歩行状態が良くなって感謝されたり、「家で一人でお風呂に入るのは怖いから、ここで手伝って入らせてもらって助かる」といっていただいたりと、お客様から直接お言葉をいただけることのほかに、外部の方からお話を聞くことができる点にあります。
 ある男性のお客様が印象に残っていますので、ご紹介いたします。
 その方は、昔から仕事一筋で特に趣味も無かったということで、通い始めた当初は口数も少なく、表情も硬いままでした。デイサービスに通うなかで塗り絵がお上手だということが分かり、それがきっかけで周りの方から話し掛けられるようになり、その方も良くお話をしてくださるようになりました。
 その後、奥様から「家でも塗り絵をしているんですよ」とお話を聞いたり、ケアマネジャー様から「デイサービスに行くようになって元気になりましたね」とお言葉をいただいきました。本当に嬉しかったです。
 こういった経験を少しずつ積み重ねていったおかげで、当センターのサービスに自信をもってお客様にご案内できますし、見学対応をさせていただいたお客様が、いくつも他社を見学した中から当センターを選んでくださったときは、生活相談員として喜びを感じます。
 それからデイサービスは、通うお客様の機能訓練の場や入浴の機会となっている他に、ご家族様のレスパイトケア(休息)としても大切な役割を担っています。ご本人様がデイサービスに行っている間に「リフレッシュする時間が持てました」や「おかげさまで習い事を再開することができました」とご家族様からお話を伺うと嬉しい気持ちになります。これからもお客様・ご家族様の支えに少しでも繋がれば良いなと思っています。

今後の目標を教えてください。

 介護保険制度の改正など、大きな変化がある介護業界ですので、これからも勉強を継続していこうと思っています。また、高齢者に多い疾病等も再度学習することで、看護の知識も増やして行きたいと考えています。
 今年で入社8年目になりますので、これまでの経験を活かしお客様一人ひとりに寄り添ったケアができるように、それからスタッフの育成にも力を入れて行きたいと考えています。

写真:阿部浩子さん

応募者へのメッセージをお願いします。

 ケアサービスは未経験の方でもお仕事ができるように、たくさんの研修プログラムを用意しています。経験や資格の心配はありません。入社してから、先輩や別の職種の方を見て目指したい姿を描いても、遅くはありません。会社の資格取得支援制度があり、入社してからでも資格を取ることができますので、これから何か身に着けたい方にもぴったりです。
 経験者の方は、ぜひ今までの知識をケアサービスで発揮していただきたいと思います。一緒にお客様を笑顔にするお手伝いをしましょう!!

生活相談員募集事業所一覧生活相談員の募集事業所はこちら

関連項目

ページの先頭へ

ページの先頭へpage top