介護からエンゼルケアまで|株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス

menu

小規模多機能型居宅介護

このページを印刷する

住み慣れたご自宅で生活し続けられるよう、私たちがお手伝いいたします

イメージ画像

小規模多機能型居宅介護とは?

施設への「通い」を中心に、介護スタッフによるご自宅への「訪問」、いざというときに通いなれた施設に泊まることのできる「泊まり」の3つのサービスを組み合わせて、お客様お一人おひとりに合わせたサービスを24時間365日ご提供できる介護保険サービスの1つです。
介護職、看護職、ケアマネジャーが同じ事業所内におりますので、情報共有がスムーズで、状況に応じた柔軟なサービス変更が可能です。全てのサービスを馴染みのスタッフが担当いたしますので、お客様はもちろん、ご家族にとっても安心してご利用いただけます。

介護保険サービスを利用したことがなく不安な方でも、ご本人とスタッフの関係を醸成しながら徐々にサービス内容を拡充していくことができるため、不安の軽減・解消につながります。

ケアサービスでは、お客様がご自身らしく、住み慣れた地域・ご自宅での暮らしを長く続けられるよう、お一人おひとりに合ったライフプランを共に考え、柔軟に対応し、支えてまいります。

イメージ写真

小規模多機能型居宅介護サービスと他の在宅介護サービスの違い

小規模多機能型居宅介護サービスの「通い」は通所介護(デイサービス)に、「訪問」は訪問介護(ホームヘルプ)に、「泊まり」は短期入所者生活介護(ショートステイ)に似ている点がありますが、大きな違いは、3つのサービスを1つの事業所で行うため、手続きや利用の際の諸連絡がスムーズに行える点です。

小規模多機能型居宅介護サービス利用のイメージ

イメージ写真

また、小規模多機能型居宅介護サービスでは、他の在宅サービスと比較してより柔軟に、お客様のご要望に対応することができるのが最大の特長です。

他の在宅介護サービスとの違い

通所介護(デイサービス)

小アイコン 小規模多機能型居宅介護の「通い」

  • 施設の利用時間に合わせて通う
  • あらかじめ決まっているプログラムを行う
  • 基本的には一日の過ごし方が決まっている
  • 必要なこと、必要な時間に利用できる
    (お風呂のみ、食事のみ、散歩のみの利用も可能)
  • 緊急時にも臨機応変に対応できる
  • 訪問介護(ホームヘルプ)

    小アイコン 小規模多機能型居宅介護の「訪問」

  • 身体介護30分、生活援助45分など、サービスの枠に合わせて利用時間が決まっている
  • 既定のサービス枠に合わせた支援内容を提供する
  • 訪問回数、1回の訪問時間、支援内容が一人ひとり異なる(服薬介助のみの数分の訪問も可能)
  • 緊急時にも柔軟に対応できる
  • 短期入所生活介護(ショートステイ)

    小アイコン 小規模多機能型居宅介護の「泊まり」

  • 事前に利用したい日を予約し、利用する
  • 利用したい日が空いていない場合は、他の施設を予約や、日程変更を行う
  • 本人や介護者の状況の変化に対応しにくい
  • 必要なときに利用できる
  • 通いなれた場所で宿泊できる
  • 顔なじみのスタッフや利用者と共に泊まれる
  • 突然の予定変更にも柔軟に対応できる
  • ケアサービスの小規模多機能型居宅介護

    ケアサービスの小規模多機能型居宅介護の特長をご紹介いたします。

    日中は看護師が常駐しています

    お客様の日々の体調管理から、通いでの機能訓練まで、常駐の看護師が見守ります。

    認知症への専門的な支援が可能です

    「東京都認知症介護実践者研修」「東京都認知症介護実践リーダー研修」などの「認知症ケア」の研修を修了したスタッフが多数在籍しており、専門的な支援が可能です。

    管理栄養士の定期的な関わりがあります

    お客様の食事形態や、栄養バランスに配慮した食事をご提供しております。

    地域社会との交流を大切にしています

    お客様がこれまで生活してきた地域との交流を大切にし、近所への散歩や買い物、地域のお祭りやイベントへの参加を積極的に行っております。
    髪を切るときは近くの美容院へ行ったり、たまにはコーヒーを飲みに喫茶店へ行ったり、事業所に飾る季節の花を買いに花屋へ行ったりと、できる限り、これまでの暮らしに近い生活ができるよう、さまざまなご提案を心掛けております。

    このような方にご利用いただけます

    • 最後まで住み慣れた自宅で暮らしたい。
    • お一人暮らし、または高齢者世帯で不安がある。
    • 退院後の在宅生活を支えてほしい。
    • 薬を飲むのを忘れてしまう。服薬管理ができない。
    • 一日のデイサービスでは長く感じる。自分の生活リズムに合わせて通いたい。
    • その日その日の状況・状態で、柔軟に変更できるサービスがいい。
    • 安否確認だけしてほしい。
    • 認知症状が強く出てしまって、一人にできない。
    • 一緒に暮らしたい。でもこのままだと不安・・・

    ご利用例

      Aさん 96歳女性

    • 一人暮らし。近所に長女、次女が在住。
    • 年に数回、原因不明の意識消失がある。意識消失時に右大腿骨骨折をし、安静臥床中に意欲やADLが低下してしまった。
    • 通い:週2回(午前中に入浴のみ利用)イベントの際は朝から夕方まで利用することもある
      訪問:毎朝の安否確認、服薬、ゴミ捨て。週2回の買い物。
      宿泊:利用なし
       毎夕、電話での安否確認を行う

      Bさん 74歳男性(アルツハイマー型認知症 要介護3)

    • 看護師の息子と二人暮らし。息子は月5回の夜勤あり。
    • 妻は他界し、長女は遠方に在住しており、近所に身内はいない。
    • 通い:週7日 (8:00~19:00)
         朝食は息子と済ませ、デイサービスで入浴し、昼食・夕食をとる。
      訪問:利用なし
      宿泊:月5回 息子の夜勤に合わせ利用

      Cさん 68歳女性(要介護3 脳梗塞による右半身麻痺)

    • 次女と二人暮らし。近所に長女家族在住。長女、次女ともに就労あり。
    • 自立心の強いCさんは、自分の事は自分でやりたいと思っている。そのため転倒が多い。次女の介入を拒むことも多い。
    • 通い:週6日 (8:30~18:30)
      訪問:利用なし
      宿泊:週3回
    • 利用者の声
    • ご利用の流れ

    顔アイコン

    80代女性の夫

    顔アイコン

    50代男性

    アイコン:お問い合わせ

    STEP1

    まずは、利用したい小規模多機能型居宅介護施設をコチラより確認いただきまして、お電話かお問い合せフォームにてお知らせください。ご希望などをお伺いいたします。

    アイコン:見学

    STEP2

    ご本人様、ご家族様に、施設へお越しいただき、実際にスタッフの様子を見ていただき、施設内の雰囲気などを体験していただきます。

    アイコン:申請書提出

    STEP3

    介護保険を利用するには、要介護認定の申請が必要になります。 市区町村の介護保険課窓口に書類提出が必要ですが、小規模多機能型居宅介護事業所には、ケアマネジャーがおりますので、ご本人様やご家族様に代行して申請いたします。

    料金などは一切かからず、すべて無料で申請を代行いたします。

    アイコン:決定

    STEP4

    主治医の意見書の提出や訪問調査の結果、市区町村に設置される介護認定審査会で要介護認定につき判定され、要介護度が決定されます。

    アイコン:ケアプラン作成

    STEP5

    担当となったケアマネジャーが、お客様お一人おひとりの生活スタイル、お困りごとやご要望などをお聞きし、ケアプラン(サービス計画書)を作成し、サービス利用の手続きを行います。

    アイコン:利用開始

    STEP6

    ご利用いただきますサービスの契約内容を詳しくご説明いたします。契約締結し、ご利用が始まります。

    小規模多機能型居宅介護のサービスは、介護保険が適用されます。介護度によって料金が設定されています。
    ケアマネジャーによる手続きのもと、ご利用いただけます。ご利用の際には、介護利用負担割合に応じた費用がかかります。

    ご利用例

    母が他界し、日中一人になってしまう父を通わせたいと娘夫婦からの相談があった。

    • 介護度は要介護3
    • 週2回利用(7時間以上9時間未満)
    • 通常規模のデイサービスセンター
    • 施設までの往復の送迎を利用・昼食(通常食)、おやつの提供あり
    • 入浴あり
    • 介護保険利用者負担金は1割

    介護保険が適用されるサービスと負担金

    • 利用料 ¥9,788(要介護3、7時間以上9時間未満の1日あたり利用料)
    • 入浴介助+中重度者ケア体制+サービス提供体制強化 = ¥1,164

    合計 ¥10,952

    → 1割負担の金額 ¥1,096

    介護保険が適用されないサービスと料金

    • 食費 ¥650
    • おやつ ¥50

    合計 ¥700

    1回の利用にかかる費用の合計  ¥1,796

    ※別途おむつ代、クラブ活動や行事における材料費等は実費です。

    指定通所介護(通常規模型)

    (単位:円)

    利用料
    (1日当たり)
    3時間以上5時間未満利用 5時間以上7時間未満利用 7時間以上9時間未満利用
    要介護度 料金 所定単位数 料金 所定単位数 料金 所定単位数
    要介護1 4,142 380単位 6,234 572単位 7,150 656単位
    要介護2 4,752 436単位 7,368 676単位 8,447 775単位
    要介護3 5,373 493単位 8,502 780単位 9,788 898単位
    要介護4 5,973 548単位 9,635 884単位 11,128 1,021単位
    要介護5 6,594 605単位 10,769 988単位 12,469 1,144単位
    入浴介助加算(1回当たり) 加算 545
    中重度者ケア体制加算
    (1回当たり)
    加算 490
    栄養改善加算(1回当たり) 加算 1,635(1月に2回まで)
    サービス提供体制強化加算(Ⅱ)
    (1回当たり)
    加算 65
    若年性認知症利用者受入加算
    (1回当たり)
    加算 654
    延長加算(1時間につき) 加算 545
    (注)9時間以上サービスを提供する場合の1時間当たりの料金。
    介護職員処遇改善加算Ⅰ (一月の介護報酬総単位数×通所介護介護職員処遇改善加算率(4.0%)
    (一単位未満の端数は四捨五入))×10.90(1級地加算)
    利用者負担金 法定代理受領の場合は、上記の金額の1割(ただし、利用者負担金の減免・公費負担がある者、一定以上所得者、介護保険料未納者は、その負担率による)

    指定介護予防通所介護(1か月当たり)

    (単位:円)

    利用料
    要支援度 料金 所定単位数
    要支援1 17,952 1,647単位
    要支援2 36,809 3,377単位
    サービス提供体制
    強化加算(Ⅱ)
    要支援1 加算 261
    要支援2 加算 523
    栄養改善加算 加算 1,635
    若年性認知症利用者受入加算 加算 2,616
    介護職員処遇改善加算Ⅰ (一月の介護報酬総単位数×通所介護介護職員処遇改善加算率(4.0%)
    (一単位未満の端数は四捨五入))×10.9(1級地加算)
    利用者負担金 法定代理受領の場合は、上記の金額の1割(ただし、利用者負担金の減免・公費負担がある者、一定以上所得者、介護保険料未納者は、その負担率による)

    ※介護職員処遇改善加算Ⅰは、お客様ごとの区分支給限度基準額の算定から除外します。

    ※実際に月ごとの利用者負担金合計額を算出する際には、厚生労働大臣が定める基準に基づき端数処理等を行うため、利用料を基準とした単純な合計金額とは数円の誤差が生じる場合があります。

    介護保険給付対象外のサービス利用料

    昼食代 通常食 650円
    腎臓食 800円
    おやつ代 50円
    その他費用(利用者の希望による) クラブ活動や行事における材料費等の実費
    おむつ代 実費

    関連項目

    ページの先頭へ

    ページの先頭へpage top