介護からエンゼルケアまで|株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス

menu

セグメント別の状況

このページを印刷する

(単位:百万円)

セグメント名 2021年3月期売上高
在宅介護サービス事業 6,476
シニア向け総合サービス事業 2,210

※「サービス付き高齢者向け住宅事業」は、2019年12月1日を持ちまして株式会社関東サンガへ事業譲渡いたしました。

※サービス付き高齢者向け住宅事業の譲渡に伴い、2020年4月1日よりセグメントを変更いたしました。

2021年3月期 売上高構成比

(単位:百万円)

在宅介護サービス事業 シニア向け総合サービス事業
居宅介護支援 エンゼルケア
デイサービス クリーンサービス
訪問入浴 シニア向けサービス
訪問介護 【子会社】株式会社ケアサービス
ヒューマンキャピタル
訪問看護 【子会社】上海福原護理服務有限公司
小規模多機能型居宅介護
福祉用具貸与・販売

セグメント別の概要

在宅介護サービス事業

 当事業におきましては、主力のデイサービスでは、4月~5月及び1月~3月にかけての二度の緊急事態宣言により、休業や利用控えによる影響を受けました。一方で、訪問入浴等訪問系サービスでは中重度の要介護者の受け皿、通所介護の補完需要などにより堅調に推移しました。

 なお、当連結会計年度での事業所数の推移は、デイサービスの2事業所が閉鎖いたしました。

 以上の結果、当連結会計年度の売上高は6,476百万円(前年同期比0.6%減)、セグメント利益は573百万円(前年同期比4.0%減)となりました。

シニア向け総合サービス事業

 当事業におきましては、エンゼルケアサービスが葬儀の在り方が変化する中、湯灌等の引き合いは強く、好調に推移しました。また中国子会社の上海福原護理服務有限公司では、現地でのエンゼルケアサービスの認知度の高まりにより、施行件数が増加するなど着実な成長を示しております。

 なお、当連結会計年度での事業所数の推移は、前期末比でエンゼルケアの1事業所が閉鎖しました。

 以上の結果、当連結会計年度の売上高は2,210百万円(前年同期比5.6%増)、セグメント利益は467百万円(前年同期比38.3%増)となりました。

関連項目

ページの先頭へ

ページの先頭へpage top