介護からエンゼルケアまで|株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス 株式会社ケアサービス

menu

今後の経営戦略

このページを印刷する

2022年3月期以降の経営計画

当社グループは、2022年3月期を、守りから攻めへの転換期と位置づけ、「成長拡大」と「品質向上」を両立させ、国内外に向けて当社グループの「介護からエンゼルケアまで」の一貫したサービスをシニア向け総合サービス業へとさらに事業を拡大し、アジア圏の大都市への展開も目指してまいります。

在宅介護サービス事業

  • 東京23区を中心としたドミナント戦略の推進およびドミナントエリア内の事業所の効率化、人員の最適化
  • 各介護サービスにおけるサービス品質の向上
  • 中国での介護事業の拡大
  • 介護・医療業界向け人材紹介および人材派遣の拡大

シニア向け総合サービス事業

  • 各地域の優良な互助会および葬儀社と構築した良好な関係の維持・発展による営業基
    盤の充実化
  • 国内における事業所の拡大
  • 中国での国営葬儀場に対するエンゼルケア事業推進

策定の背景

介護業界におきましては、国内の高齢化がさらに進み、介護サービスの需要は高まっているもののサービスを担う人材の十分な確保が難しく、引き続き介護事業者の大きな経営課題になっております。また、昨年来の新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、経済活動や消費動向に大きな影響を与えております。2021年2月よりワクチン接種が開始されましたが、変異株の感染が拡大していることもあり、依然として収束時期が不透明な状況が続いており、お客様の利用控えなど厳しい状況が続くと想定しております。

国内葬儀業界におきましては、葬儀の多様化により、葬儀単価は下落傾向であり、さらに新興企業の台頭により競争も厳しくなっております。

中国におきましては、エンゼルケアが認識され始め、今後、市場は拡大していくと想定しております。

関連項目

ページの先頭へ

ページの先頭へpage top